診療内容

消化器外科では消化器癌を中心に,良性疾患を含めて診療を行っています。

特徴・特色

年間約600件にのぼる消化器疾患の手術を行っています。

  • 消化器癌(食道癌・胃癌・大腸癌・肝臓癌・胆道癌・膵臓癌)の手術については年間約400件の実績があります。化学療法も当科で行い,癌の集学的治療による長期予後を目指しています
  • 消化器癌においては根治手術のみならず患者さんのQOL(生活の質)を重視した治療を行っています
  • 低侵襲手術として注目されている,腹腔鏡下手術も力を入れており,胆石・鼠経ヘルニア,大腸癌・肝臓癌に対して行っています
  • 原発性肝癌に対しては年間約100件の肝切除を行っています。患者さんの状態に応じて,肝動脈化学塞栓療法,動注化学療法を専門スタッフが行っており,あらゆる病状に対処しています

診療体制

外来は毎日4~5名の医師が診療にあたっています。
入院は3つの診療グループが担当し,1グループ3名の医師が医長・部長の指導のもと,きめ細かな診療を行っています。手術症例は,医局員全員で検討し,必ず専門のスタッフが執刀する体制になっています。
また,夜間,休日の緊急手術においても,万全を期しています。

その他

肝胆膵癌

岡村 行泰(部長・主任教授),檜垣 時夫(診療教授),中山 壽之(准教授)

胃癌・大腸癌・食道癌

東風 貢(科長・診療教授),康 祐大(准教授)

消化器癌の化学療法

東風 貢(科長・診療教授)

肝動脈化学塞栓療法

森口 正倫(助教)

診療実績

原発性肝癌に対する手術は,2008年より2019年までの12年間,日本全国1位の症例数を誇ります。

  • 食道癌
    4件
    胃癌
    39件
    結腸癌
    86件
    直腸癌
    29件
    原発性肝癌
    113件
    転移性肝癌
    33件
    胆道癌
    33件
    膵臓癌
    38件
  • 食道癌
    1件
    胃癌
    41件
    結腸癌
    95件
    直腸癌
    29件
    原発性肝癌
    151件
    転移性肝癌
    45件
    胆道癌
    50件
    膵臓癌
    24件
外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付