腸閉塞 ちょうへいそく

特徴

腸閉塞とはイレウスともいわれ、さまざまな原因によって食べ物の通過が障害される疾患です。

通過障害が完全ではないものは不完全イレウス(subileus)とも言われます。

腸閉塞は大きく2つの分類に分けられます。一つは腸の内腔が狭くなることが原因の機械的腸閉塞。もう一つは腸内腔やそのものの形は問題ないものの、腸を栄養する血管や神経が障害されて、腸管運動が障害される機能的腸閉塞に分かれます。

機械的腸閉塞は腸が狭くなる原因としてさらに2つに分類されます

  • 単純性腸閉塞:癌や腫瘍、術後の癒着や炎症などにより腸管が閉塞しているもの
  • 絞扼性腸閉塞:癒着や内ヘルニアなどにより腸自体にねじれが生じたり腸の血流が悪くなることにより腸管が閉塞するもの。病状が進行すると腸が壊死し腸管に穴があき、汎発性腹膜炎の状態になることがあります

機能的腸閉塞は腸自体が動かなくなる原因としてさらに2つに分類されます

  • 麻痺性腸閉塞:腹膜炎などのよる炎症や、手術後の腹膜への刺激や腹部打撲や脊髄骨折や損傷、腸管の血流が途絶することなどにより腸管運動が麻痺するもの
  • 痙攣性腸閉塞:貴金属中毒や尿毒症などにより、腸管運動がうまくいかなくなるもの

症状

腹痛や、嘔吐、排ガスや排便の停止があり、腹部膨満感を伴います。原因によっては腹膜炎症状やショック症状などの重篤な状態となることもあります。

診断

  • 腹部単純X線
    拡張した腸管内のガスと腸液の貯留の判定
  • 腹部CT検査

腸閉塞の原因の精査。腸閉塞を起こしている部位の確認と、腸管血流の評価を行います

治療

絶食・減圧チューブ

貯留した腸管内のガスや腸液を吸い出すために、鼻から胃や腸にチューブを留置します

手術

上記の治療で改善しない場合は手術を行います。腸管血流が障害される絞扼性腸閉塞は、診断がついた時点での緊急手術が必要となります。

絞扼性腸閉塞により腸が壊死していたため切除術を施行

関連する医師

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付