医療安全管理室について

当病院は常に高度な医療を提供する特定機能病院として,患者の生命の尊厳と医療安全の確保を目的に平成12年に医療安全管理室を設置いたしました。医療安全管理室の主な業務は,医療安全の確保を目的とした報告の集計・分析,医療安全に資する企画,計画の立案や実施及び改善,実施されている診療内容の確認や検証など医療安全を包括的に扱う部署として活動を行っています。

医療安全管理室メンバー

医療安全管理室長(副病院長)
医師(兼任)医療安全管理責任者
副室長
医師(兼任)3名,医師(専従)1名,看護師(専従)1名医療安全管理者
室員
看護師(専従)1名医療安全管理者,薬剤師(専従)1名,臨床工学技士(専従)1名,医薬品安全管理責任者(兼任)1名,医療機器安全管理責任者(兼任)1名,看護師(兼任)2名,診療放射線技師(兼任)1名,臨床検査技師(兼任)1名,事務(専従)2名

医療安全活動の取り組み

令和2年度 医療安全管理室・医療安全管理委員会 活動報告

年間目標

患者を守ろう!! 私とあなたで ONE TEAM

小目標

  • 侵襲のある治療・検査IC時の多職種による同席とカルテ記載の周知及び実施状況の確認
  • インシデント・アクシデント発生時の状況確認・原因分析と改善策の周知
  • 職員対象急変対応の訓練実施
  • 医療安全注意報等の周知確認
  • 確認行動実施徹底の為の取り組みと評価
  • 部署の医療安全に関する取り組みと評価
  • 事故事例分析による院内システム・業務等の見直し
  • 職員研修の効果測定
  • 全死亡事例の検証及び死亡診断書の正しい記載の周知

年間行事

  広報・教育活動 発行物 監査・視察 その他 備考
25条 私大協 SM事例
検討
4月 新入職者・
研修医教育
ポケットマニュアル
医療安全注意報
    準備   4/1 ポケットマニュアル配布
4/1 新入職者オリ
研修医オリ
4/1 新入局者オリ
5月       5/28(中止)連絡会 準備 5/25(中止)委員による巡視  
6月 医療安全週間 春
医療安全講習会1(e-ラーニング)
セーフティーマネジャー講習会 春
CVC講習会
      6/3 6/22
委員による巡視
6/11~ 医療安全講習会(e-ラーニング)
6/11~ セーフティーマネジャー講習会(e-ラーニング)
6/11(28名)・6/12(30名)・6/16(24名) SM院内巡視(計82名)
7月 医療安全講習会1継続
(e-ラーニング)
医療事故防止マニュアル(電子カルテへアップ) 立ち入り調査 連絡会
7/30
7/1 7/27
委員による巡視
 
8月   ヒヤリハット通信          
9月       9/24
連絡会・報告会
9/2 9/28
委員による巡視
 
10月 医療安全ワークショップ 医療安全注意報     10/7 10/26
委員による巡視
 
11月 医療安全週間 秋
医療安全講習会2(e-ラーニング)
SMによる巡視
ヒヤリハット通信   11/27
連絡会
11/4 11/30
委員による巡視
11/12~ 医療安全講習会(e-ラーニング)
11/12(31名)・11/13(29名)・11/17(31名) SM院内巡視(計91名)
12月 医療安全講習会2継続(e-ランニング)       12/2   ワークショップ13名
医療安全
相互ラウンド(東邦大学医療センター大森病院・のみ調査票) 
1月       1/28
連絡会
  1/25
委員による巡視
2月   ヒヤリハット通信     2/3 2/22
委員による巡視
 
3月       相互ラウンド
報告会
3/12
3/3 年間の振り返り  

医療器機・セキュリティー講習会・薬剤使用に関する講習会の計画は別途

新人研修

研修医・新入局医師・復職医師
  • 4月1日 個人情報保護と守秘義務
4月5日 臨床研修医(43名)
  • 医師と法律(行政処分,守秘義務,個人情報)
  • 医療事故と医療安全(ハインリッヒの法則,レポーティングシステムとその活用)
  • 死亡診断書(死体検案書)の書き方 インシデントレポートシステム
4月1日 板橋病院職員(141名)
  • 医療事故防止対策について・インシデントレポートシステムについて
  • 個人情報保護に関して
新規・中途採用医師
  • 医療安全管理室の役割
  • インシデント・アクシデント入力方法
  • 最近の院内での状況・注意喚起事項
  • 4月1日合同開催(99名出席)
  • その他,入職,異動,産休明け時に個別に実施している(136名)[令和2年8月26日現在]

医療安全講習会

  テーマ 備考
6月
  • 医療事故レポーティーングシステム(インシデント・アクシデント報告)
  • 2019年度インシデントレポート報告と現状からの注意喚起
  • 医薬品の安全使用のための業務手順書における全面改訂について
  • 新たな診療用放射線に係る安全管理体制について
  • 個人情報保護と守秘義務について
6月e-ラーニング
6/13~7/31
受講者:2,898名 100%
11月
  • 医療法第25条第3項による立入検査指導事項について
  • 医療事故調査制度について
  • 医薬品副作用被害救済制度と添付文書に検査を行うように記載がある医薬品とのかかわりについて
  • CT検査における患者移動時の注意点とMRI施行時のディスポ電極について
  • 酸素ボンベの残量計算と取り扱い確認事項について
11月e-ラーニング
11/12~12/31
受講者:2,801名 100%

セーフティーマネージャー巡視

  テーマ 備考
6月 看護部:2A・3A・3BM・3C・3EU・4A・4B・4C・4D・5A・5B・5C・5D・6A・6B・6C・6D・7A・7B・8AC・3N・放射線・OPE室 6月 11・12・16日 83名参加
医師17名・看護師43名・放射線技士3名・薬剤師12名・臨床工学技士2名・臨床検査技師1名・視能訓練士1名・事務3名・医療福祉士1名
11月 他部門:歯科外来・内視鏡室・アイソトープ室・心カテ室・臨床検査部(肺機能室・心電図室・超音波室・採血室・尿検査・免疫血清・病理・細菌検査)・栄養科・リハビリ室・管理事務室・(医事課(病棟)・会計課・庶務課)・病歴課・放射線室(透視室・ライナック室)・病棟薬剤部(3A・5A) 11月 12・13・17日 91名参加
医師25名・看護師42名・放射線技士3名・薬剤師13名・臨床検査技師3名・理学療法士3名・事務1名・医療福祉士1名

セーフティマネジャー講習会

  テーマ 備考
6月
  • 令和元年度活動報告
  • SM事例検討会からの情報共有 転倒転落事例
6/13~7/31 e-ラーニング
医師102名(未3名)
看護師86名
コメディカル74名
受講者:262名 98.8%

医療安全ワークショップ

セーフティマネジャー以外へも開放。勤務時間外で行う。
他部門とのコミュニケーションを図り,他職種との連携の充実も目的とする。

  テーマ 備考
12月 チームステップス 12月4日(金) 13名参加

委員による月例ラウンド

  グループリーダー 巡視場所 出席者数
5月 鈴木 孝浩 (新型コロナウイルスの拡大を防止する意味から中止)  
6月 内ヶ崎 西作 放射線部(MRI・画像診断) 8名
医師1名・看護師3名
薬剤師1名
理学療法士1名
臨床検査技師1名
臨床工学技士1名
7月 木下 浩作 診療部(泌尿器科・呼吸器内科) 10名
医師2名・看護師3名
薬剤師2名
栄養士1名
放射線技士1名
臨床工学技士1名
9月 鮎澤 衛 看護部(外来:小児科・外科外来) 9名
医師2名・看護師3名
薬剤師1名
臨床検査技師1名
臨床工学技士2名
10月 鈴木 孝浩 薬剤部(DI室・調剤室) 6名
医師2名・看護師1名
薬剤師1名
放射線技師1名
臨床工学技士1名
11月 内ヶ崎 西作 臨床工学技士室(器材室・救命器材室) 8名
医師2名・看護師2名
薬剤師1名
放射線技士1名
理学療法士1名
臨床検査技師1名
臨床工学技士1名
1月 木下 浩作 事務(整形外科外来・特診受付け) 8名
医師2名・看護師2名
薬剤師2名
放射線技士1名
臨床工学技士1名
2月 鮎澤 衛 臨床検査部(心電図室) 7名
医師1名・看護師2名
薬剤師1名
臨床検査技師1名
臨床工学技士2名

委員による院内ラウンドを行う。
(4・5月は調整月。5月コロナの影響で中止。8月と12月は行わない)
→医療安全週間でのラウンドは,セーフティマネジャーを中心に募集
委員は当番制(ただし,2回/年の参加を義務とする)

セーフティマネジャー事例検討会

インシデント・アクシデント事例の中から症例を挙げそれぞれの職種の目から検証し再発防止に役立てる。
毎月第1水曜日午後3:00~4:00(4・5・8・1月は行わない)

  グループ 検討事例 出席者数
6月 C 患者取り違え事例4例 27名
7月 D 交差血採血時のFMEA 31名
9月 A 食事中に心停止となり発見が遅れた事例の分析 24名
10月 B 患者取り違え事例 27名
11月 C 薬剤のインシデント事例を基にしたKYT 21名
12月 D アナフィラキシー事例・窒息心肺停止事例 22名
2月 A 患者取り違え事例 24名
3月 B チームステップス2症例 27名

その他の講習会

医療安全講習会,SM講習会等のテーマ,又は単独で

医療安全に関する講習会は他職種から募る。
(自分の時間で参加し他部門とのコミュニケーションを図る)

  • 心肺蘇生講習会

特別症例検討委員会

重大事故または,それに成り得る事故が発生し院長の指示があった場合に企画する。

  検討事例 出席者数
5月27日 気管切開後24時間以内死亡事例 36名
7月27日 ベッド転落発見時心肺停止していた事例 20名
8月26日 手術室ベッド移動直後の心肺停止事例 28名
12月11日 CVC抜去7時間後気管切開部より大量出血し死亡した事例 41名
1月20日 漢方薬内服後の急変死亡事例 31名
3月20日 急性大動脈解離術後の早期死亡事例 31名

その他

誰かが何かをやってくれるはずではなく,自らが当事者となって考えていく視点を持ったチームを作ることを根底の考え方とする。(自律した仲間を増やす)

セキュリティ講習会
全職員
新人・中途採用者・復職者
6月医療安全講習会において実施
個人情報保護と守秘義務について
事故に関する対応
5月30日
中心静脈カテーテルの挿入・抜去,皮下埋め込み型ポート(ポート穿針・抜去・ケア),中心静脈カテーテルの管理をe-ラーニングにて研修:看護師
7月22日
担当患者以外の電子カルテ閲覧禁止について周知:全職員
7月30日
EDチューブ挿入時の注意点について周知:医師・看護師・放射線技師・臨床工学技士
8月5日
患者移送時のモニター管理について:医師・看護師
8月7日
医療安全注意報No.36 モニターアラーム無駄なり防止策:全職員
8月26日
医療安全注意報No.37 疑義照会による薬剤投与後のカルテ記載:医師・看護師
9月2日
医療安全注意報No.38 気管カニューレ取り扱いの注意:医師・看護師・放射線技師・臨床工学技士・理学療法士
10月7日
  • ポートトラブルを回避するためのフローチャートとCVポートの管理方法:医師・看護師・放射線技師
  • 注射投与時の認証業務実施及び実施確認:医師・看護師
10月22日
薬剤の急速投与に関する注意喚起:医師・看護師
10月29日
医療安全注意報No.39 適応外薬剤の慎重投与に関する注意:全職員
2月15日
医療安全注意報No.40 「電気メス使用に関する注意」:診療部・看護部・臨床工学技士室
2月16日
CVCカテーテルGW時のハサミ使用禁止について:看護部
2月22日
「化学療法中遅滴防止策」について:診療部・看護部・薬剤部・臨床工学技士室
3月3日
信伝二初期設定の変更
3月8日
パクリタキセル遅滴予防策開始注意点について:看護部・薬剤部
3月15日
医療安全注意報No.41 「静脈留置針の破損に関する注意」:診療部・看護部・薬剤部・臨床工学技士室
基準等の作成
4月14日
救急救命センターが対応できない場合のRRS・コードブルー時の対応
  • コロナ対応において救命センター対応できないことが考えられるため周知文作成・配布
8月19日
「抗凝固薬,抗血小板薬の手術・検査・処置前休薬に関する説明・同意書」
  • 病歴委員会承認後医療安全管理委員会の承認
10月21日
医療安全管理指針の改訂
2月10日
AED設置場所変更
3月17日
VTEテンプレート使用依頼
ヒヤリハット通信
4月14日
No.67 個人情報漏洩防止
10月19日
No.68 医療法25条に基づく立入検査報告
3月3日
No.69 報告の文化
その他
3月31日
病院で働く職員に向けた臨床倫理受講依頼

インシデント・アクシデント・不具合事象(合併症)報告件数

令和2年度

インシデント・アクシデント件数(平成26年度~令和2年度)

インシデント・アクシデント件数(平成26年度~令和2年度)

事例の分類

事例の分類

当事者の職種

当事者の職種

影響度分類

影響度分類

予薬準備発生要因

予薬準備発生要因

予薬準備内容内訳

予薬準備内容内訳

転倒転落スコアー

転倒転落スコアー

医療安全管理指針

医療安全管理指針[460KB]

安全行動目標

令和3年度安全行動目標

断ち切ろう慣れた業務の思い込み

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付