転移性肝がん てんいせいかんがん

転移性肝がんは大腸癌からの肝臓への転移が多く、切除が根治を望める治療法であるため、積極的に切除しています。

特徴

肝切除の適応となる転移性肝癌で最も多いのは大腸癌からのものです。その他、胃癌、肺癌、乳癌、胆嚢癌、膵癌、腎癌などからの肝転移も切除の対象となることがあります。

一般的には肝転移の個数が少なく、肝機能が良い患者さんが対象となりますが、個別の状況に応じたオーダーメイド治療なので他の施設で肝切除が見送られた場合も当院において切除できる場合があります。

症状

転移性肝癌に特有の症状はありません。癌治療後の定期検査で発見されることが多いです。何らかの癌の治療された患者さんは主治医の指示に従って定期的に検査を受けられることをお勧めします。

診断

腹部超音波検査、腹部造影CT検査: 肝転移の個数、大きさ、場所を判定するのに重要な検査です。

治療

肝転移に対する最も根治的な治療方法として肝切除があります。まずは、原発巣である大腸癌の治療が完了していることが前提ですが、当科では双方の癌を段階的に手術する方針を取っております。他の施設で大腸癌治療を終えられた後に肝転移に罹患された患者様も慎重に適応を判断して治療を行っています。

関連する医師

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付