櫻井 裕幸 さくらい ひろゆき

櫻井 裕幸
職位
教授
専門分野
呼吸器外科
得意とする治療
肺癌 転移性肺腫瘍 縦隔腫瘍 気胸 膿胸など呼吸器外科関連疾患の外科治療
主な研究業績・著書
  • 呼吸器外科テキスト.2021年. 南江堂
  • 肺癌診療ポケットガイド.2016年.医学書院
  • オンコロジックエマージェンシー.2016年.医学書院
  • ガイドラインには載っていない消化管がん Practical Treatment.2014年.メジカルビュー社
  • 臨床研修医のための肺癌症例の実際.2013年.文光堂
  • 呼吸器外科Knack & Pitfalls 専門医のための呼吸器外科の要点と盲点<1>,<2>.2010年.文光堂.
  • Intrapericardial ectopic goiter: a very unusual presentation. Daisuke Sato, Sohei Hayashi, Shozo Sakata, Riken Kawachi, Mie Shimamura, Hiroyuki Sakurai. Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery. In press.
  • Histological and prognostic data on surgically resected early-stage lung adenocarcinoma. Masaya Yotsukura, Hisao Asamura, Shigeki Suzuki, Keisuke Asakura, Yukihiro Yoshida, Kazuo Nakagawa, Hiroyuki Sakurai, Shun-ichi Watanabe, Noriko Motoi. Data in Brief. 2020;31.
  • Prognostic impact of cancer-associated active fibroblasts and invasive architectural patterns on early-stage lung adenocarcinoma. Masaya Yotsukura, Hisao Asamura, Shigeki Suzuki, Keisuke Asakura, Yukihiro Yoshida, Kazuo Nakagawa, Hiroyuki Sakurai, Shun-ichi Watanabe, Noriko Motoi. Lung Cancer. 2020;145:158-66.
  • Prognostic impact of tumor doubling time in patients with metachronous lung cancer. Keisuke Asakura, Y Yoshida, Hiroyuk Sakurai, Kazuo Nakagawa, Noriko Motoi, Shun-ichi Watanabe. World Journal of Surgery. 2019;43:3259-66.
  • Pattern of care in adjuvant therapy for resected Stage I non-small cell lung cancer: real-world data from Japan. Kiyotaka Yoh, Kazuya Takamochi, Takehito Shukuya, Tomoyuki Hishida, Masahiro Tsuboi, Hiroyuki Sakurai, Yasushi Goto, Koichi Yoshida, Yasuhisa Ohde, Sakae Okumura, Yasuo Ohashi, Hideo Kunitoh. Japanese Journal of Clinical Oncology. 2019;49:63-8.
  • Clinical features of ground glass opacity-dominant lung cancer exceeding 3.0 cm in the whole tumor size. Shigeki Suzuki, Hiroyuki Sakurai, Masaya Yotsukura, Kyohei Masai, Keisuke Asakura, Kazuo Nakagawa, Noriko Motoi, Shun-ichi Watanabe. The Annals of Thoracic Surgery. 2018;105:1499-1506.
  • Pulmonary Artery Pseudoaneurysm Secondary to Lung Inflammation. Shinichirou Ishimoto, Hiroyuki Sakurai, Ryouta Higure, Riken Kawachi, Mie Shimamura. Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2018;24:154-6.
  • Mycotic pseudoaneurysm of a pulmonary artery branch caused by Cladosporium. Keishin Sunagawa, Yoshihito Uchino, Shinichirou Ishimoto, Shigeki Nakamura, Taku Honma, Yoko Nakanishi, Yoshihiro Hatta, Yoshitsugu Miyazaki, Hiroyuki Sakurai, Hiroyuki Hao, Masahiko Sugitani. Pathology International. 2018;68:47-52.
  • Sublobar resections for small-sized stage Ia lung adenocarcinoma: a Sino-Japanese multicenter study. Chenxi Zhong, Hiroyuki Sakurai, Shenhai Wei, Wentao Fang, Hisao Asamura. Journal of Thoracic Disease. 2018;10:991-8.
  • PD-L1 expression in neuroendocrine tumors of the lung. Kenjiro Tsuruoka, Hidehito Horinouchi, Yasushi Goto, Shintaro Kanda, Yutaka Fujiwara, Hiroshi Nokihara, Noboru Yamamoto, Keisuke Asakura, Kazuo Nakagawa, Hiroyuki Sakurai, Shun-ichi Watanabe, Koji Tsuta, Yuichiro Ohe. 2017;108:115-20.
  • Prognostic impact of margin distance and tumor spread through air spaces in limited resection for primary lung cancer. Kyohei Masai, Hiroyuki Sakurai, Aoi Sukeda, Shigeki Suzuki, Keisuke Asakura, Kazuo Nakagawa, Hisao Asamura, Shun-ichi Watanabe, Noriko Motoi, Nobuyoshi Hiraoka. Journal of Thoracic Oncology. 2017;12:1788-97.
  • A proposal for definition of minimally invasive adenocarcinoma of the lung regardless of tumor size. Shigeki Suzuki, Hiroyuki Sakurai, Kyohei Masai, Keisuke Asakura, Kazuo Nakagawa, Noriko Motoi, Shun-ichi Watanabe. The Annals of Thoracic Surgery. 2017;104:1027-32.
  • Clinicopathological features of colloid adenocarcinoma of the lung: A report of six cases. Kyohei Masai, Hiroyuki Sakurai, Shigeki Suzuki, Keisuke Asakura, Kazuo Nakagawa, Shun-ichi Watanabe. Journal of Surgical Oncology. 2016;114:211-5.
  • Clinicopathological, Immunohistochemical, and Genetic Features of Primary Lung Adenocarcinoma Occurring in the Setting of Usual Interstitial Pneumonia Pattern. Kyohei Masai, Koji Tsuta, Noriko Motoi, Kouya Shiraishi, Koh Furuta, Shigeki Suzuki, Keisuke Asakura, Kazuo Nakagawa, Hiroyuki Sakurai, Shun-ichi Watanabe, Nobuyuki Hiraoka, Hisao Asamura. Journal Thoracic Oncology. 2016;11:2141-9.
  • When and how subcentimetric lung nodules should be referred to surgery? Hiroyuki Sakurai. The Annals of Thoracic Surgery. 2015;100:2413.
  • Multicenter observational cohort study of post-operative treatment for completely resected non-small-cell lung cancer of pathological stage I (T1>2 cm and T2 in TNM classification version 6). Tomoyuki Hishida, Masahiro Tsuboi, Takehito Shukuya, Kazuya Takamochi, Hiroyuki Sakurai, Kiyotaka Yoh, Yasuo Ohashi, and Hideo Kunitoh. Japanese Journal of Clinical Oncology. 2015;45:499-501.
  • Clinicopathologic Features of Resected Subcentimeter Lung Cancer. Hiroyuki Sakurai, Kazuo Nakagawa, Shun-ichi Watanabe, Hisao Asamura. The Annals of Thoracic Surgery. 2015;99:1731-8.
  • その他 肺癌の外科治療に関するインタビューなど
疾病認定医
外科専門医・指導医 呼吸器外科専門医 気管支鏡専門医・指導医 がん治療認定医 肺がんCT検診認定医師 日本呼吸器外科学会評議員 日本胸部外科学会正会員・評議員 日本肺癌学会評議員 日本呼吸器内視鏡学会評議員 呼吸器外科用語部会部員(日本呼吸器外科学会) ロボット手術certificate有資格者

河内 利賢 かわち りけん

河内 利賢
職位
准教授
専門分野
呼吸器外科
得意とする治療
肺癌 転移性肺腫瘍 縦隔腫瘍 気胸 膿胸など呼吸器外科関連疾患の外科治療
主な研究業績・著書
  • Thoracoscopic modified pleural tent for spontaneous pneumothorax. Kawachi R, Matsuwaki R, Tachibana K, Karita S, Nakazato Y, Tanaka R, Nagashima Y, Takei H, Kondo H. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2016 Aug;23(2):190-4.
  • 【肺癌診療の進歩と今後の方向性】局所進行肺癌に対する集学的治療とその問題点(解説/特集).河内 利賢, 櫻井 裕幸.日大医学雑誌.77巻6号 Page359-364(2018.12)
  • Kawachi R, Watanabe S, Asamura H. Clinicopathological characteristics of screen-detected lung cancers. J Thorac Oncol. 2009 May;4(5):615-9.
  • Kawachi R, Tsukada H, Nakazato Y, Takei H, Furuyashiki G, Koshi-ishi Y, Goya T. Early recurrence after surgical resection in patients with pathological stage I non-small cell lung cancer. Thorac Cardiovasc Surg. 2009 Dec;57(8):472-5.
  • Kawachi R, Nakazato Y, Takei H, Koshi-ishi Y, Goya T. Clinical Significance of preoperative carcinoembryonic antigen level for clinical stage 1 non-small cell lung cancer: can preoperative carcinoembryonic antigen level predict pathological stage?  Interact Cardiovasc Thorac Surg, 2009;9(2):199-202.
疾病認定医
日本外科学会 外科学会専門医・指導医,呼吸器外科専門医,気管支鏡認定医・指導医,がん治療認定医,日本呼吸器外科学会評議員,日本胸部外科学会正会員・評議員

四万村 三惠 しまむら みえ

四万村 三惠
職位
助教
専門分野
呼吸器外科
得意とする治療
肺癌 転移性肺腫瘍 縦隔腫瘍 気胸 膿胸など呼吸器外科関連疾患の外科治療
主な研究業績・著書
  • 日本臨床 最新肺癌学 基礎と臨床の最新研究動向.(四万村三惠.緩和医療と疼痛管理 (2)在宅緩和医療).株式会社 日本臨床社.2013年11月20日.
  • 月経随伴性気胸の検討ー特に診断における問題点についてー 四万村三惠,大森一光,村松高,古市基彦,石本真一郎,根岸七雄.日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌.2007年3月20日.
  • 肺癌のPETによる診断.四万村三惠,大森一光,村松高,古市基彦,根岸七雄.日大医学雑誌 第63(第4) 127-130 2004年4月1日.
  • 当施設にて経験した月経随伴性気胸症例の検討.四万村三惠,大森一光,村松高,古市基彦,竹下伸二,石本真一郎,根岸七雄.第10回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会 2006年9月9日.
  • 巨大気腫性肺嚢胞手術症例の検討ー胸腔鏡手術は巨大気腫性肺嚢胞症例に本当に有用なのかー.四万村三惠,大森一光,村松高,古市基彦,西井竜彦,竹下伸二,深町大介,根岸七雄.第58回日本胸部外科学会定期学術集会 2005年10月.
疾病認定医
外科専門医・指導医 日本胸部外科学会認定医 呼吸器外科専門医 気管支鏡専門医・指導医 日本内視鏡外科学会評議員 日本気胸・嚢胞性肺疾患学会学評議員 日本胸部外科学会正会員 Infection control doctor

日暮 亮太 ひぐれ りょうた

日暮 亮太
職位
助手
専門分野
呼吸器外科
得意とする治療
肺癌 転移性肺腫瘍 縦隔腫瘍 気胸 膿胸など呼吸器外科関連疾患の外科治療
主な研究業績・著書
  • 胸腔内癒着を伴う限局性胸水ドレナージ後の肺裂傷の一例.第35回 日本呼吸器外科学会総会・学術集会 2018年5月17日.
  • 胸腔鏡下に摘出した縦隔発生Castleman病の1例.第181回日本肺癌学会関東支部学術集会 2018年3月3日.
  • 巨大肺嚢胞内発生の肺多形癌の1手術例.第180回 日本肺癌学会関東支部学術集会 2017年12月2日.
  • 心嚢内に発生した異所性甲状腺の一手術例.第79回 日本臨床外科学会総会 2017年11月25日.
  • 難治性気胸に対する治療戦略 高齢者気胸手術症例における問題点 自宅退院可否に関与する因子の検討.第79回 日本臨床外科学会総会 2017年11月23日.
疾病認定医
外科専門医 呼吸器外科専門医

榊原 昌 さかきばら まさし

榊原 昌
職位
専修医
専門分野
呼吸器外科
得意とする治療
肺癌 転移性肺腫瘍 縦隔腫瘍 気胸 膿胸など呼吸器外科関連疾患の外科治療
主な研究業績・著書
  • 原発性肺癌との鑑別が困難であったNodular Lymphoid Hyperplasiaの1例.第175回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会 2020年12月19日.
  • 悪性腫瘍が疑われた縦隔リンパ管腫の一例.第184回日本胸部外科学会関東甲信越地方会2020年11月28日.
  • 貧血を合併した胸腺腫の一例.第183回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2020年7月16日.
  • 前縦隔に発生したRosai-Dorfman病の一例.第181回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2019年11月9日.

朝倉 充司 あさくら みつし

朝倉 充司
職位
専修医
専門分野
呼吸器外科
得意とする治療
肺癌 転移性肺腫瘍 縦隔腫瘍 気胸 膿胸など呼吸器外科関連疾患の外科治療

鈴木 淳也 すずき じゅんや

画像なし
職位
専修医
専門分野
呼吸器外科
得意とする治療
肺癌 転移性肺腫瘍 縦隔腫瘍 気胸 膿胸など呼吸器外科関連疾患の外科治療
外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付