腰部脊柱管狭窄症 ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう

先天的、あるいは加齢に伴う椎間板や黄色靭帯、椎間関節の変性・肥厚によって、腰椎部の神経が慢性的な圧迫を受けている状態です。

 

1)症状

最も多いのは下肢の痛みや痺れで、進行すると運動麻痺や感覚障害や膀胱直腸障害を伴うことがあります。

特徴的な症状として神経性の間欠性跛行があります。安静時には症状がないかあっても軽度ですが、歩行により下肢症状が増悪し、連続した歩行ができなくなる状態です。

 

2)診断

  • 単純X線写真
    すべり症の有無や動態撮影による不安定性を判定します。

 

  • MRI(図1)
    脊柱管の狭窄状態と椎間板変性の程度を判定します。本疾患を診断するうえで欠かせない検査です。

図1:第3/4・4/5腰椎間で高度の狭窄を認める。

  • 脊髄造影(ミエログラフィー)CT(図2)
    造影検査を行うことで、CT検査でも狭窄部位の確認ができます。

図2:第4/5腰椎間で造影剤の途絶を認める。

 

3)治療

  • 保存的治療
    • 薬物療法:非ステロイド性抗炎症薬や経口プロスタグランディンE1製剤などが使用されます。
    • 運動療法;腰椎前弯を矯正する屈曲のストレッチング、姿勢訓練、温熱療法などが行われます。
    • ブロック療法:障害神経根に対して透視やエコーを用いて愛護的に鎮痛剤の注射を行います。鎮痛効果のみならず障害神経根の同定にも有用です。

 

  • 手術
    適切な保存療法を行っても疼痛や間欠性跛行の改善に乏しいときには手術療法が有用です。代表的な手術として後方除圧術があります。

後方除圧術

後方から侵入し神経を圧迫する黄色靭帯や椎間板を摘出し除圧を行います。当院では顕微鏡を駆使し安全かつ低侵襲(図3)な手術を提供しています。椎間のすべりや不安定性が強い場合は固定術(図4)を併用することがあります。当院では病態に応じて低侵襲後方固定術も施行しています。

図3:術後のCT検査で両側の椎間関節が完全に温存されていることが確認できる。

図4:スクリューと椎体間のケージが適切な位置に設置されている。

関連する医師

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり

休診日
紹介状なし
再診

10月4日,10月29日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

初診受診予約(紹介状持参の方) 03-3972-8197[代表]
初診予約フォーム
お電話でのお問い合わせ 03-3972-8111[代表]
よく見られるページ