化膿性汗腺炎 かのうせいかんせんえん

1)特徴

  • 日本では男女比は2:1と男性に多く,30代前後の発症が多いです。
  • アポクリン腺部(外陰部,肛囲,乳房など)に生じますが,日本では臀部に生じることが多いです。
  • 基礎疾患として糖尿病があると重症化しやすいです。

2)症状

 痛みと発赤を伴う病変が腋窩や鼠径部,臀部などアポクリン汗腺の多い部位に繰り返し発生し,臨床症状として結節,瘻孔,瘢痕がみられます。半年の間に数ヵ月は炎症のある時期があるのが通常です。

3)診断

 症状が典型的であれは視診で診断が可能なことも多いですが,他疾患と区別がつきにくい場合は皮膚生検を行います。

  • 皮膚生検

 病変部皮膚を一部採取し,顕微鏡レベルの観察により診断を行います。

4)重症度の評価

  • PGA (Physician’s global assessment for HS: PGA)

 炎症のない結節の有無,炎症のある結節の数,膿瘍・瘻孔の数で重症度を評価する方法。

  • Hurley病期分類

 Ⅰ(軽症):孤立した膿瘍,Ⅱ(中等症):1つの病巣で瘢痕ができ,瘻孔が形成される。Ⅲ(重症):瘢痕と瘻孔からなる病巣が複数癒合し,炎症と慢性的な排膿をともなう。

  • IHS4 (International hidradenitis suppurativa 4)

 結節,膿瘍,瘻孔・瘻管の数で評価される重症度スコア。3点以下で軽症,4-10点で中等度,11以上で重症。

5)治療

  • 外用療法(塗り薬)

 抗菌薬の外用

  • 内服療法(飲み薬)
    抗菌薬
  • 手術

 病変部を切除し,その後単純縫縮,植皮,皮弁形成を行う。

  • 生物学的製剤(注射の治療)

 抗TNF-α抗体(アダリムマブ)

関連する医師

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり

休診日
紹介状なし
再診

10月4日,10月29日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

初診受診予約(紹介状持参の方) 03-3972-8197[代表]
初診予約フォーム
お電話でのお問い合わせ 03-3972-8111[代表]
よく見られるページ