糖尿病性ケトアシドーシス・高血糖高浸透圧症候群 とうにょうびょうせいけとあしどーしす・こうけっとうこうしんとうあつしょうこうぐん

糖尿病性ケトアシドーシスは,1型糖尿病の方が適切なインスリン注射を行わなかったり,2型糖尿病の方が糖分たっぷりのジュースを大量に飲んだ時などに起こる病気です。

血糖値をさげるインスリンというホルモンが不足するため,血液中の糖分をエネルギーとして取り込めなくなり,その結果脂肪を分解してエネルギーを作るようになります。その際にケトンという代謝産物が作られ,これが体内にたまると体が酸性に傾き,吐き気やお腹の痛みといった症状が出現します。

高血糖高浸透圧症候群は,血糖値が異常に上昇したことにより,高度の脱水状態になって起こる病気です。

突然治療を中断してしまった糖尿病の方や,感染や薬物による体へのストレスがきっかけとなって発症することが多い病気です。意識がもうろうとしたり,けいれんを起こしたりすることもあります。

これらの治療は点滴で脱水の治療を行うことと,インスリン注射で血糖値を下げることになります。どちらの病気も,重症であると命に係わる状態となるため,しっかりとした治療を行うことが大事です。

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり

休診日
紹介状なし
再診

10月4日,10月29日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

初診受診予約(紹介状持参の方) 03-3972-8197[代表]
初診予約フォーム
お電話でのお問い合わせ 03-3972-8111[代表]
よく見られるページ