気管支喘息 きかんしぜんそく

気管支喘息は,急に空気の通り道(気道)が狭くなり,「ゼーゼー」「ヒューヒュー」して呼吸が苦しくなる疾患です。喘息の人の気道では慢性的な炎症が起こっており,刺激に対して敏感になっています。そのためちょっとした刺激が引き金になって,急に咳込んだり,気管支が収縮して狭くなる発作を繰り返し起こします。

この「炎症」がくすぶったまま無治療で放置されていると,徐々に気管支が硬くなり(リモデリングといいます),治療が困難になっていきます。

症状

急に咳や痰が出て,呼吸のたびに「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音を伴って苦しくなるのが発作です。

「何となく息苦しい」,「咳が止まらない」,という症状のみのこともあります。

症状は夜間や明け方に出やすいのが特徴です。

喘息の危険因子

風邪などの呼吸器感染症,ダニやハウスダスト,ペットの毛などの吸入アレルゲン,天候や大気汚染,激しい運動,アルコール,受動喫煙,ストレスや過労,月経などがあります。

このような危険因子を回避することが増悪の予防にもつながります。

診断

問診(症状の経過,生活環境の確認,アレルギー歴,家族歴など)や,診察所見,検査所見から,総合的に喘息を診断していきます。

検査

大きく息を吸った状態から,一気に息を吐きだして,空気の流れが悪くなっていないかどうかを調べる検査(スパイロメトリー)を行います。

気管支拡張剤を吸入した後に,その流れが改善すれば喘息の可能性が高いと言えます(気道可逆性検査)。

また,気道の炎症の有無を確認するために,呼気中の一酸化窒素濃度(呼気NO)の測定も行います。一酸化窒素は,気管支の炎症が悪くなると上がることが分かっており,この値をみることで,喘息の状態や,正しく治療が出来ているかを評価するのに役立ちます。

また,喘息の重症度の把握や,治療が十分かどうか,本当に喘息があるのかどうかを調べたいときには,気道を刺激する薬剤を吸入して,気道が反応して狭くなるかどうかを調べる検査も行います(気道過敏性検査)。

また,体質の確認のため,血液検査でどのようなものにアレルギーがあるかを調べたりもします。

治療

気道の炎症を抑える治療

喘息は気道の「炎症」を抑える治療が非常に大切となります。

例え症状が落ち着いていても,喘息の人の気道では「炎症」が常にくすぶっている状態にあるため,日ごろからきちんと治療を行っていく必要があります。この「炎症」がくすぶった状態が続いていると,徐々に気管支が硬くなり(リモデリングといいます),治療により症状を抑えるのが困難になっていきます。

そうならないために,早くからしっかりと治療を行っていくことが大事です。

炎症を抑えるための治療の中心は吸入のステロイド薬です。適切に使用すれば副作用は少なく安全です。

その他アレルギーを抑えるための内服治療も行います。

気管支を拡げる治療

症状が不安定な場合は,気管支を拡げる吸入薬もあわせて使用します。

急に呼吸が苦しくなった(発作)ときは,すぐに効果が得られる吸入薬を使用します。

また,普段から気道が狭くなっているような人には,長時間効果が持続するタイプの気管支拡張剤の吸入薬を使用します。

現在は吸入のステロイド薬と,このような長時間効果が持続する気管支拡張剤の合剤もあり,服薬の面からも非常に治療が継続しやすくなっています。

難治性喘息

近年は吸入ステロイド薬の普及や,患者さんの疾患認識の向上により,多くの方はこれらの治療で気管支喘息をコントロールできるようになっています。

ただこれらの治療にても,発作が頻繁に起きて,日常生活に支障を生じている方も全体の5~10%程度いらっしゃいます。こういった患者さまには,喘息のタイプごとに,症状を引き起こす原因物質を狙い撃ちにするような抗体製剤を用います。

専用のカテーテルで気管支の筋肉を温めることで発作的に収縮する事を予防する治療(気管支サーモプラスティ―)も行っています。

関連する医師

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付