新生児黄疸 しんせいじおうだん

新生児は程度の差はあるものの,多くに黄疸がおこります。その原因は溶血性疾患,多血症,頭血腫,腸肝循環の異常,ビリルビンの肝臓への取り込み減少,ビルルビン抱合の減少,抱合ビリルビンの肝細胞からの排泄障害,胆汁流出路の閉塞,出生前の感染(TORCH症候群),出生後の感染,糖尿病母体児などがあります。治療を要する黄疸と要さない黄疸があり,生後の日数によっても適応がかわります。治療には光療法,アルブミン投与,γグロブリン投与,交換輸血があります。重症な黄疸により「核黄疸」に至った場合は後遺症として脳性麻痺になることもあり,迅速な判断,治療が重要です。

当院では,新生児黄疸について多くの臨床研究を行っております。

新生児溶血性疾患(血液型不適合や遺伝性球状赤血球症など)や早産児の黄疸管理経験も豊富です。

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付