百日咳 ひゃくにちぜき

病因

百日咳菌による感染症です。飛沫感染により菌は伝播します。潜伏期間は7~10日間です。

症状

カタル期、発疹痙咳期、回復期に分けられます。

カタル期(1~2週間)

感冒症状がみられ、徐々に咳が強くなっていきます。

痙咳期(3~6週間)

短い咳が連続しておこり、咳の最後に大きく息を吸い込み、痰を出しておさまるという症状を繰り返します。

回復期(3~6週間)

激しい咳は徐々におさまりますが、時折発作性の咳がみられます。

学童期の小児においては、長く続く咳嗽から診断されることもあります。ただ重篤な症状を呈することは少ないです。一方、生後3か月未満の小児では無呼吸発作、無熱性痙攣など重篤な症状を呈することがあり、死に至る危険性のある感染症です。

検査

咽頭ぬぐい液を用いて病原体分離・同定(LAMP法)して診断します。

治療

マクロライド系抗菌薬を使用します。しかし生後1ヵ月未満児にマクロライド系抗菌薬(特にエリスロマイシン)を投与すると肥厚性幽門狭窄症の発症リスクを伴うため注意が必要です。ワクチンによる予防が可能で、4種混合ワクチンを生後3ヵ月から3~8週間隔で3回、3回目の1年後に4回目を接種することが推奨されています。

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付