RSウイルス感染症 あーるえすういるすかんせんしょう

病因

RS(Respiratory syncytial virus)ウイルスによる感染症です。飛沫感染、接触感染によりウイルスは伝播します。潜伏期間は3~5日間です。乳幼児は生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%が初感染をうけるとされています。他の多くのウイルス感染と異なり、一度の感染では終生免疫は獲得されず母体由来抗体の豊富に存在する乳児期早期(生後3ヵ月未満)にも感染が成立することが特徴です。乳児期早期および基礎疾患をお持ちのお子様が入院加療を要することもあります。

症状

発熱、咳嗽、鼻汁、哺乳不良、活気不良などがあります。

咳嗽、鼻汁などの上気道症状が2~3日間持続した後、感染が下気道、特に細気管支に及んだ場合には、分泌物、炎症性浮腫により細気管支が狭くなりお子様の呼吸が苦しくなることがあります。

その他には生後1ヵ月未満の新生児や早産児などに感染が下気道まで進行したことで呼吸困難と無呼吸を呈することがあります。

検査

後鼻腔ぬぐい液を用いてRSウイルス抗原検査を確認します。

治療

特異的な治療方法はありませんが、近年、在胎36週未満の早産児、気管支肺異形成症、血行動態に異常のある先天性心疾患、免疫不全を伴う、21 trisomyなどRSウイルス感染のハイリスク児に、ヒト型に変換された抗RSウイルス単一クローン抗体が流行期に予防投与されています。

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付