顔面神経麻痺 がんめんしんけいまひ

顔面神経麻痺による変形

顔面神経麻痺は、顔への長期寒冷暴露、外傷、ウィルス感染、脳血管障害(出血、梗塞)、聴神経腫瘍や耳下腺腫瘍摘出などでおこりますが、生まれつきや原因不明の場合もあります。顔の片側が動かなくなり、顔が曲がり、眼が閉じない、唇が下がりヨダレが垂れるなどの症状があります。

いつ治療する?

原因がわかっていれば、まず原因に対する治療を行います。最初のうちは、薬物治療や理学療法が主体で耳鼻科、神経内科で治療します。半年くらいでそれらの治療により改善しない場合は、形成外科で手術治療を行います。外傷や手術による神経切断が明らかな場合は、できるだけ早く手術により治療します。

手術治療

手術方法には 、神経縫合、神経移植、筋肉移植、筋膜による吊り上げなどがあります。 それらを、年齢、麻痺してからの期間、原因、患者さんの主たる(悩み)、合併症・持病などによって使い分けます。筋肉の移植による動的再建術や、眉毛の高さの違い、口角の下垂などに対する静的再建術があります。

また、顔面神経麻痺により眼輪筋の機能が廃絶すると兎眼症を来たします。就眠時も瞼を閉じることができず、乾燥性角膜炎など障害を来たします。治療は、顔面神経以外の神経(三叉神経)により動く筋肉を移行させて再建する方法(動的再建術)と金の板を重りとして瞼の皮下に埋入させる方法(静的再建術)があります。

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付