病院長からのごあいさつ

病院長 髙橋 悟

日本大学医学部の教育理念は「醫明博愛」,人間性あふれた「良き臨床医の育成」です。 日本大学医学部附属板橋病院は昭和10年に現在の地に開院されました。以来現在まで東京都区西北部の特定機能病院として高度先進医療を提供すると同時に,地域医療に貢献する中核病院「日大板橋病院」として親しまれてきました。平成15年には「地域がん診療拠点病院」,平成20年には「地域がん診療連携拠点病院」に指定され,地域におけるがん診療の中心的役割も担っています。現在38の専門診療科と救命救急センターなどの診療センターによる体制を擁し,ニーズに応じて随時整備・改変を行っています。

現在の臨床研修制度が開始されてから,当病院ではプログラム内容に研修医の意見を取り入れ,研修内容選択の自由度を高めるなどの研修環境の整備に努めています。また待遇面の充実にも医学部の理解を得ながら努めています。

救急医療およびプライマリ・ケアの研修は,初期臨床研修医にとって最も重要です。経験豊富で優秀な指導医のもとで多くのことを学べるようプログラムを設定しており,実臨床に必要なスキルが着実に習得できると思います。

皆さんが日本大学医学部附属板橋病院の研修医として,充実した初期臨床研修を送り,良き臨床医に成長してくれることを願っております。

病院長 髙橋 悟

臨床研修センター長(循環器内科)からのごあいさつ

*奥村恭男センター長

日本大学医学部の教育理念は「良き臨床医の育成」にあります。「良き臨床医」とは,目の前の患者さんにとって,医学的にも人間的にも最善をつくす医師であることはゆるぎのない事実ですが,時代と共に「良き臨床医」に求められる条件は多様化しており,我々はそれに適応していかなければいけません。この「良き臨床医」になるためには,最初の数年間の教育は最も重要です。初期臨床で一流の医学,人間学を学べるかが,その先の医師人生を左右するといっても過言ではありません。これは一朝一夕で学べるものではなく,我々,教育する側が日々の臨床で示し,屋根瓦式に伝承していくものであると確信しています。日本大学板橋病院は,高度で先進的な医療を提供する特定機能病院であるとともに,地域の基幹病院としての役割も担っている数少ない都心の大学病院です。すなわち,専門的で最先端のエビデンスに基づいた医療と,プライマリーケアや1次,2次救急医療など,実践的でかつ人間力の必要な医療を同時に学ぶことができます。

また大学病院の特徴として,臨床のみならず研究活動も行っております。初期の大事な時期に経験から学ぶ医療のみならず,日進月歩に進歩する医療のエビデンスも同時に学び,evidence based medicineの素地を身に着けていきましょう。そのために一人ひとりの患者さまに真摯に向き合い,行った処置や医療をフィードバックし探求することが重要です。私たち指導医はこれらさまざまな角度から“臨床で考える力”を養うノウハウを教えてまいります。その教育目標を達成するには,初期臨床研修のカリキュラムを充実させる必要があることは言うまでもありません。初期臨床研修のカリキュラムはある一定の条件を満たす必要がありますが,初期臨床をうける先生方が十分に満足できることが重要であります。そのために先生方の意見をオープンに受けいれる体制が必要です。私が窓口となり,先生方の満足のいく日大独自の研修システムの構築に尽力したいと考えています。

この大事な2年間を共に学び,充実した研修ができるように取り組んでいきしょう。

臨床研修センター長(総合科) 奥村 恭男

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付

外来診療受付時間
月〜金曜日 土曜日 日曜・祝日
紹介状あり 午前8:30
午後1:00
午前8:30
11:00
休診日
紹介状なし
再診
午前8:3011:00

10月4日,10月30日,年末年始(12月30日~1月4日)は休診

お電話でのご予約 03-3972-8197[直通]

紹介状持参初診患者さんの電話予約受付